2015年10月24日

思い出のマーニー

10/9(金)に放送されたましたが、
その時間、腰を下ろしてジックリ見られないので
録画して後で見るつもりでいたけど、
なかなか時間が取れず、やっと今日、見ました。


思い出のマーニー [DVD]

喘息の療養のために、中学校の夏休みの間だけ、
海辺の町で過ごすことになった『杏奈』のお話。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援を頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓

人気ブログランキングへ



<ネタバレ・感想>

物語の終盤で、
『水辺で絵を描いている久子(ひさこ)さんに
 マーニーを生い立ちを聞き、
 杏奈のおばあちゃんだった事が分かる。

 杏奈の両親は杏奈が小さい頃に交通事故死。
 代わりにおばあちゃんが育ててくれ、
 おばあちゃんが昔話として、
 自分の幼少期の話をしてくれていた。

 それが潜在意識の中にすり込まれて、
 ばあちゃんの地元に行った時に、
 無意識にその話が思い出され、
 マーニーと一緒に過ごしているような
 錯覚を起こしていた。』


映画の最中、場面(背景)がパッパッと変わって、
なんだか夢の中みたいな話だな~と思っていたら、
あ~~、そういうオチか~って話だった。

マーニーとの絡みが唐突過ぎ、
それもあって、杏奈に感情移入が出来ず、
だから、全体的にはダラダラしてつまらなく感じた。

眼鏡のツインテールの彩香(さやか)が出てから
やっと面白くなったけど、
あっと言う間にエンディングだったのが残念。

この映画は封切りになった頃、
試写会後「感動した~、泣けた~」とTV CMで
盛んにやっていたけど、


私が高校生の子を持つ親ではなく、
悩み多き中学生、高校生だったら、
もしかしたら、もう少し違った感想が持てたのかもね。




.
続きを読む
posted by ころん at 23:43| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

バック・トゥ・ザ・フューチャー



上映当時、「未来はこんなに進んでいるんだ~」と思ったが、
実際2015年になってみたら、そうでもなかったかな?
(^m^)



バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX [Blu-ray]



人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

.
posted by ころん at 16:00| 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

アラン・リックマン

coloncolon / ころん@よもやま話
ダイハードのテロリストのボス・ハンスって、ハリーポッターのスネイプ先生と同じ俳優さんなんですね! 今、TVで映画を見て気付いた!! at 10/09 22:30



俳優:アラン・リックマン

○ダイ・ハード - Die Hard(1988)
 ハンス・グルーバー役。

○ハリー・ポッター - Harry Potter
 セブルス・スネイプ役。


両者の役、髪の毛の色が違うので、
今まで気付きませんでした。
が、話をしている口元で気付きました。


blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!

posted by ころん at 22:53| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

この夏、観たい映画

2010年08月06日(金)

【晴れ】

 この夏、観たい映画。

一つは、『借り暮らしのアリエッティ』。

アリエッティ

http://www.karigurashi.jp/index.html



子供の頃、佐藤さとる さんの
『コロポックル』シリーズの本に出逢い、
もしかしたら、自分の近くにも
小人達がいるのでは?と、思っていて、
その世界がアニメではどのように表現されているかが
気になっていて…、見てみたいです。(^^)






もう一つの見てみたいは、『魔法使いの弟子』。

ディズニーの『ファンタジア』を参考に、
実写化されたそうです。



8つの古典名曲の調べに合せて、
アニメーションが展開します。【公開年度:1940年】

 [1]「トッカータとフーガ・ニ短調」
   バッハ (1685-1750)作曲。
 [2]「組曲くるみ割り人形」
   チャイコフスキー(1840-1893)作曲。
 [3]「魔法使いの弟子」
   デュカ (1865-1935)作曲。
 [4]「春の祭典」
   ストラヴィンスキー(1882-)作曲。
 [5]「田園交響曲」
   ベートーベン(1770-1827)作曲。
 [6]「時の踊り」
   ポンキエリ(1834-1886)作曲。
 [7]「禿山の一夜とアヴェ・マリア」
   前者はムソルグスキー(1839-1881)作曲、
   後者はシューベルト(1797-1828)作曲。

この作品は、映像を楽しむ物なので、
ミッキーは殆ど出てこないです。(^^;


 『借りぐらしのアリエッティ』は公開済み、
『魔法使いの弟子』は、8/13(金)公開。

さて1日で、2本見るには、いつ行こうかな~。





blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!

posted by ころん at 17:58| Comment(2) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

アリス・イン・ワンダーランド

2010年05月01日(土)

【晴れ】

 息子と「GW中に映画を観に行く」と
約束をしていたので、
3D映画の『アリス・イン・ワンダーランド』を
観て来ました。

それも普通の?3Dは、つまらない!と思い、
全国でまだ4台しかないと言う、
IMAXデジタルシアターがある
109シネマズ川崎へ行ってきました。

100501川崎109

そしてチケットは、
3日前の夜にwebで購入したのですが、
人気作品の為、真ん中の列はほほ満席で、
取れた席は、右側のブロックの通路側でしかたが、
IMAXのお陰で、大した違和感もなく観る事ができました。


100501アリスパンフ


http://www.disney.co.jp/movies/alice/






blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!

あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:28| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

毎日 映画!! 1,000円

2010年01月22日(金)

【晴れ】

 私は、会員カードを持っている事と、
他のシネコンより、座席シートがゆったり作られている
『TOHOシネマズ』を愛用?しています。

ですが、今日は、映画の上映時間が
我が家的に都合が良かった
海老名の『ワーナー』へ行ってきました。

それで、窓口へチケットを買いに行ったら、
「大人2名様、2,000円です」と言われ、
1日の『ファーストデイ』じゃないのに、
1人1,000円?!と、驚いていたら、
「4/9(金)まで、 毎日1,000円です」と教えてくれました♪

mycalebina

http://www.warnermycal.com/cinema/ebina/


春休みは、色々と観たい映画あるから、
4/9(金)までの間、春休み映画は、
海老名の『ワーナー』を利用するつもりです。
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン



blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!


posted by ころん at 22:12| Comment(2) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

サマーウォーズ

2009年08月12日(水)

【晴れ】

 8/1(土)に観ようと思ってシネコンへ行ったら混んでいて、
観るのを諦めた『サマーウォーズ』を
息子と2人で(初回の11:30~を)観てきました。
前日にチケットを予約してから行きました。

090812サマーウオーズ

 http://s-wars.jp/index.html

 劇場アニメーション『時をかける少女』の
細田守監督の最新作。


090812混んでいる!

今日も混んでました。(^^;


あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:27| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ

2009年08月01日(土)

【晴れ】

ポケモンの前売り券を持っていたので、
息子と一緒に映画館(シネコン)へ行ってきました。

090801アルセウス

http://www.pokemon-movie.jp/

あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:49| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)

2009年05月06日(水)

【曇り&雨】

世の中、GW中で、最大16連休って人もいるようですが、
夫の職場はカレンダー通りではなく、
休みは、4/29,5/2と、今日・5/6のみ。

小6の息子と、休みが合い、
何処かへ出掛けるつもりだったけど、
生憎の

だとアウトドアは、ダメで、
何処へ行こうかと悩んでいたら、
息子が「映画を観に行こう♪」と言うので行く事にしました。

が、夫は「今、見たい映画が無い」って事で留守番で、
息子と私の2人だけで行く事にしました。

観に行ったのは、
劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)。

http://www.conan-movie.jp/index.html


名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)は、
スクリーンサイズ:9.5×22.6m)の630+(4)席での上映。
(Dolby SRD(Dolby Digital),THX)

今日は水曜日のレディースデイだし、GW最終日なので、
昨夜、PCからチケットの予約をして行ったのですが、
いざ、会場に入ると、ほぼ満席でした。

090506劇場版コナン.jpg
パンフレットと、映画の半券。
あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:23| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

超劇場版ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズ

2009年3月27日(金)

【晴れ】

 先月、20世紀少年を観に行った時に、
『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズ』の
特別前売り券(親子ペア券)を買っていたので、
今日、行ってきました。

090214ケロロヨーヨー
写真は、特別前売り券(親子ペア券)と、
前売り特典の『光れ!ケロッとヨーヨー』と、
『光れ!クルッとヨーヨー』。


 http://www.keroro-movie.net/


映画、いつもは前日に、PCからお気に入りのシネコンの
座席指定チケットを購入しちゃうのですが、
全国共通・前売り券は、
窓口で指定席券と交換する必要があります。

それで、いつも行くシネコンでの
ケロロ軍曹の上映開始時間を調べたら、
3/14(土)に公開したばかりだと言うのに、
1日2回の8:30、13:30だけ…。

8:30は早過ぎるし、13:30だと観た後、
(夕食の準備の為)ゆっくりしていられないし、
と、どちらにしようか少し悩んだのですが、
一日を有効に使えるようにと、8:30の方を選び、
映画館には8:00頃に行きました。

さていつも行く映画館、リニューアルをしたみたいで、
売店の位置や、Vit(発券機)の場所が変わっていました。
ですが、一番、変わっていたのは、
ゆったりとしたシートで映画が観られる
プレミアスクリーンが無くなっていました。

一度、ここで実写版・『ゲゲゲの鬼太郎』を観て、
ゆったりした椅子の座り心地が良かったから、
「また利用したいな~♪」と思っていたのに、残念です。

 ケロロ軍曹は、150席の4番スクリーンでの
上映だったのですが、観客は約30人弱。
なのに、私と息子が座った『H列』と、
その前後の『I列』、『F列』に集中し、
あとは空席だらけで、なんだか変な感じでした。(^^;

090327劇場版ケロロ
写真は、パンフレットと、映画の半券と、
入場者プレゼント3点。
①特製スピンボール『回れ!!ケロン星』
②任天堂DS用ソフト『ドラゴンウォリアーズ』の隠し要素解放キー
  『竜の紋章~緑~』
③『ケロロ軍曹』×トレーディングカードゲーム
  『バトルスピリッツ』特製プロムカード
あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 18:07| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

20世紀少年<第2章> 最後の希望

2009年2月14日(土)

【晴れ】

毎月14日は、 TOHOシネマズ(映画館)デイで、
好きな映画が 1,000円で観られる。

ってことで、息子と2人(夫は仕事!)で、
20世紀少年<第2章> 最後の希望』を観てきました。


http://www.20thboys.com/


息子、先日、TVで放映された『20世紀少年<第1章>』を観たら、
どうしても<第2章>を観たくなったそうです。

だけど、私はTVの<第1章>をキチント観ていなかったので、
昨日、みんなが寝静まってから、
『20世紀少年<第1章>』のDVDを
1人ゆっくり観てから行きました。

09021420世紀少年パンフ
映画を観に行くと必ず買うパンフ。
第1章も売られていた(商売上手!)ので、
第2章と、第1章のパンフ買っちゃいました♪


さて感想ですが、
やっぱり映画館は、良いですね~♪

スピーカーからの音がいいから、臨場感を味わえて、
「あ~、第1話も映画館で観れば良かった…」と、後悔したほどです。

だた映画の内容が、色々盛りだくさんで、
理解しきれなかったものも沢山でちゃいました。(^^;

まっ、そんな感想を持ちましたが、
息つく暇がないくらい、エピソードが盛りだくさんで、
(特に、理科室のお話は、ドキドキさせられました)
色々とグダグダ書きましたが、結末が気になるので、
8月公開の第3章も観に行くと思います。

少しネタバレ
タグ:20世紀少年
posted by ころん at 23:10| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2008年12月9日(火)

【曇り】

 夏頃、映画・第6作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が
11月21日(金)に、日米同時公開すると知り、
冬休みになったら、息子(小5)と観に行こう♪と
楽しみにしていたのですが…、
来年の7月17日(金)に変更するされたそうです。

半年以上も公開が延期された理由は、
ファミリー・ムービーやヒット作がそろう
夏公開映画を強化するため
だそうです。

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

あ~、冬休み中に観たい映画が、無くなっちゃったよ~。
もうやだ〜(悲しい顔)


 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に続く、
ハリー・ポッターと宿敵ヴォルデモートとの対決の結末は、
最終作にあたる映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、
2部構成となり、前編は2010年11月19日、
後編を2011年に公開する予定だそうです。
posted by ころん at 23:41| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

TOHOシネマズデイ

2008年09月14日(日)

【雨のち晴れ】

 今日、観に行った映画館は、TOHOシネマズ

こちらのシネコン、普段でも料金が 1,700円と
他の映画館(シネコン)より、100円安く、
ファーストデイ(毎月1日)、1,000円。
レディースデイ(毎週水曜日)、女性1,000円なのですが、
2009年8月14日まで、
毎月14日は、1,000円で観られるそうです。

080914TOHOシネマズデイ

http://www.tohotheater.jp/index.html


<余談>

TOHOシネマズで売られているポップコーン、
キャラメル味が息子と私のお気に入りで、
行くと必ず買っています。(*^^*)

080506キャラメルポップコーン
posted by ころん at 22:31| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

映画『パコと魔法の絵本』

2008年09月14日(日)

【雨のち晴れ】

 息子と私、珍しく見たいものが一致したので、
映画・パコと魔法の絵本を観て来ました。

映画館で貰ったチラシ↓をスキャンしたもの。

080913パコと魔法の絵本1   080913パコと魔法の絵本2


 映画を観るにあたって、
私は、映画のストーリー本(小説)を
読んでからいきました。



お陰で、登場人物の背景が分かり、
映画の中の物語に集中できました。

お話は、笑いがあってとっても楽しいんだけど、
泣かせる場面も多々あって、
涙腺の弱い人は、ポロポロ泣いちゃう作品で、
も~~感動しちゃって、観終わってすぐ、
「DVDが発売されたら、絶対!、買う!」と
思いました。





映画『パコと魔法の絵本』で、
パコが持っていた絵本と同じ、仕掛け絵本!?
posted by ころん at 22:30| Comment(2) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

パコと魔法の絵本

2008年09月13日(土)

【晴れ】

 映画・パコと魔法の絵本の公開日。

事故の後遺症で、1日しか記憶が持たない少女の為に、
思い出に残ることをしたあげようと、
大人が奮闘するお話だそうです。

この夏、映画館で予告CMを見て、
「観てみたい!」と思った映画です。


映画館で貰ったチラシ↓をスキャンしたもの。

080913パコと魔法の絵本1
 表


080913パコと魔法の絵本2
 裏

映画の公式サイト↓。
http://www.paco-magic.com/index.html






続きを読む
posted by ころん at 06:00| Comment(3) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

超劇場版ケロロ軍曹3

2008年04月01日(火)

【晴れ】

息子にせがまれ、『超劇場版ケロロ軍曹3
 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!』を
お気に入りのシネコンで、09:45~を 観てきました。

080401劇場版ケロロ3

あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:01| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

ルイスと未来泥棒

2008年1月2日(水)

【晴れ】

夫は今日から仕事。
ですが、息子はまだまだお正月休み中なの、
息子と私だけで、映画を観に行ってきました。

観た映画は、『ルイスと未来泥棒』。

080102ルイスと未来泥棒

http://www.disney.co.jp/movies/lewis/index.html


ロビンソン一家のゆかいな一日
原案は、ウィリアム・ジョイスの
絵本「ロビンソン一家のゆかいな一日」。



観に行った場所は、
ショッピングモール海老名・ビナウォーク内の映画館。
http://www.vinawalk.com/top.php


余談ですが、ここの中央公園には、
七重塔があります。

080102七重塔

天平13年(西暦741年)、
聖武天皇の詔(みことのり)によって
相模国分寺に建設された、
「七重の塔」の実物の1/3スケールの模型。とか…。



080102東宝
TOHOシネマズ
http://www.tohotheater.jp/index.html

今日は水曜日のレディースディ。
だから、混雑を予想し、
昨夜のうちに、ネットで購入していたったのですが、
思いの他、チケット売り場は空いていましたが、
会場に入ったら、満席でした。

私と息子が見た時間は、11:15~13:20。
SCREEN5 145+(2)席 スクリーンサイズ:4.0×9.4m 。

あらすじ、感想は、ここ。
posted by ころん at 23:20| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

アーサーとミニモイの不思議な国

映画館で、近日公開の映像を見ました。

で、気になった作品は、
アーサーとミニモイの不思議な国』。

http://arthur-movie.jp/top.html

監督は、リュック・ベッソン。

好奇心旺盛な10歳の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は、
祖母(ミア・ファロー)の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだった。

冒険好きな少年が家族の危機を救うため、
体長2ミリのミニモイ族が暮らす“ミニモイの国”に旅する
実写と3-Dアニメが融合したファンタジー・アドベンチャー。

ってお話みたいです。


映画予告を見た限り、映像は綺麗だし、
お話も私の好きなファンタジー世界で、
一緒に予告を見ていた息子(小4)も
「見てみたいね!」と言っていました。

公開は、9/22(土)。
出来れば、見に行きたいです。(^^)


これ↓が原案かも?

posted by ころん at 23:50| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

ディアルガ VS パルキア VS ダークライ

【晴れ】

7月14日(土)に公開した
「劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
『ディアルガ VS パルキア VS ダークライ』」を観て来ました。

http://www.pokemon-movie.jp/


観に行った場所は、
ショッピングモール海老名・ビナウォーク内の
http://www.vinawalk.com/top.php

TOHOシネマズ。
http://www.tohotheater.jp/index.html

私たちが見た時間は、10:45~12:30。
Screen 7 145+(2)席 スクリーンサイズ:4.0×9.4m。
映画館に着いたのが、10:20頃だったので、
前から2列目しか空いていませんでした。
だから、満席でした。

毎年、夏に上映されるポケモンの映画は、
いつも特別前売券に引換券が付いていて、
今年は、ダイヤモンド&パールソフトに
『デオキシス』(ポケモンキャラ)が貰えるものでした。

そして、我が家もそのポケモンの策略にはまり、
特別前売券を買った店で、
『デオキシス』データを貰いました。

そして今回の映画は、10周年って事で、
映画館の会場で、ワイヤレス通信を使って、
『ダークライ』のデータも貰えました。

それと、入場者プレゼントは、「ダークライ」のカード!で、
劇場でしかもらえない強力なカードだそうです。

070810ポケモン・ダークライ


ネタバレ・感想は、続きを読むをクリック!
続きを読む
posted by ころん at 23:42| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

【曇りのち豪雨&雷】

息子(小4)がTV・CMを観てから、観たがっていた
映画・『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、
7/6(金)に前売り券も買っていたので、
070706前売り特典
 ↑前売り特典のクリーナー

GENTO YOKOHAMA内の109シネマズMM横浜で、
吹き替え版を観に行ってきました。

私たちが見た時間は、9:20~11:55。
シアター9 スクリーンサイズ:6,300×15,100(mm)
一般280席+車椅子4席+エグゼ18席+ペア20席=計322席
※DLP(デジタルシネマシステム)設置
フィルムを使用せず、デジタル信号によって、
直接スクリーンに映すタイプ。
フィルムを使用していないので、
いつまでも映像や音響が劣化しないのが特徴。

070730ハリーポッター

 映画は、原作本のダイジェスト版と言うか
かなりの部分が映像化されていませんでした。






<感想は、続きを読むをリック!>
続きを読む
posted by ころん at 23:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

前売り券購入♪

【晴れ】

今月、7月20日(金)に公開される
映画・「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、
コンビニ(サンクス)で、だいぶ前から、
前売り券を販売している事に気付いていたのですが、
「まだ先の事~♪」と思い先延ばし…。

ですが、TVで予告放送の映像を見たら、
急に「前売り券を買わねば!」と思い、
コンビニ(サンクス)で、前売り券(大人1枚、子供1枚)を
購入したら、各店舗先着10名様に、サークルKサンクスオリジナル
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」携帯クリーナーを
プレゼント♪って事で、2個貰えちゃいました。

070706前売り特典


前売り券はだいぶ前から売られていて、
各店舗先着10名様なのに、2個も貰えたって事は、
どういう事なんだろう? (^^;

まっ、貰えたから良いってことで!

さて、いつ見に行こうかな~♪

公式HP↓。
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html


原作本は、こちら↓。


posted by ころん at 22:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

映画『ゲゲゲの鬼太郎』

【晴れ】

夫の勤め先は、カレンダー通り休めず、
今日も出勤だったので、
息子が「観たい!」と言っていた
映画『ゲゲゲの鬼太郎』を観て来ました。

http://www.gegege.jp/


070504ビナウォーク
観に行った場所は、
ショッピングモール海老名・ビナウォーク
http://www.vinawalk.com/top.php


070504東宝・海老名
TOHOシネマズ
http://www.tohotheater.jp/index.html

着くと、映画館の前に長蛇の列。
何事?!と思ったら、映画の券を買う人達の列でした。

ですが、私は、前売り券を持っていなかったし、
窓口で、券を買うために並ぶのが嫌だったので、
昨夜のうちに、ネットで購入していたので、
映画館に着いて、劇場ロビーの自動発券機で発券。
お陰で、殆ど並ばずに券を手にしました♪ ラッキ~!


私と息子が見た時間は、11:30~13:20。
SCREEN5 165+(2)席 スクリーンサイズ:4.4×10.3m 。
席は満席でした。
こんな混んでいる映画は久しぶり!

070504キャラメルポップコーン
上映開始までの間、
売店で買ったキャラメルポップコーンを頬張って、
待っていました。(*^^*)


070504ゲゲゲ・パンフ

ネタバレ、感想は、ここ。
posted by ころん at 17:42| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

超劇場版 ケロロ軍曹2

夫が休みだったので、クランベリーモール内にある
109シネマズ グランベリーモールへ
車で連れて行ってもらいました。

070329109クランベリー1

070329109クランベリー

http://109cinemas.net/grandberrymall/index.html



それで、息子が見たがっていた、
『超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります! 』を
親子3人で見てきました♪

映画・ケロロ軍曹2

http://www.keroro-movie.net/


観たのは、初回10:20~12:10。
スクリーン7番、スクリーンサイズ:3,100×7,300 (mm)で、
座席数・106席。

だけど、平日だからなのか?、観客は、20人ほど。
お陰で、前の人の頭が気になることも無く、
ゆったりと見る事が出来ました。

070329ケロロパンフ

感想、ネタバレは、ここ。
posted by ころん at 21:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

ONE PIECE 砂漠の王女と海賊たち

 今日・3/19(月)は、3/17(土)の振り替えで、
小学校は代休だったので、
読売ファミリーサークルで貰った
『エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』の
特別鑑賞券2枚を使いに、行ってきました。

070304ワンピース招待券

ワンピース砂漠の王女

http://www.onepiece-movie.com/


さて特別鑑賞券、
券の裏側に書いてある映画館でしか使えず、
家から近い映画館は、昔ながらの映画館で、
そこの映画館は、観客席が平らだから、
目の前の人が大きいと、見辛く、
尚且つ、空調から出る風がカビ臭かったので、パスし、
少し遠い?けど、まだオープンしてばかり?の
109シネマズ川崎に、行きました。

070319109シネマズ川崎

http://109cinemas.net/kawasaki/index.html


観たのは、初回09:45~11:30。
スクリーン3番、スクリーンサイズ:9,400×3,900 (mm)で、
座席数・121席。

だけど、平日だからなのか?、観客は、20人ほど。
お陰で、前の人の頭が気になることも無く、
ゆったりと見る事が出来ました。

070319ワンピースパンフ
映画の感想は、ここ。
posted by ころん at 22:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

かもめ食堂

 3/13(火)、TUSTAYAで、
小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん出演の
かもめ食堂を借りました。

http://www.kamome-movie.com/





東京から10時間のフィンランドの首都ヘルシンキで、
サチエ(小林聡美)は、“かもめ食堂”を始めたけど、
1ケ月も経つのに、お客はゼロの毎日。

そんなある日、最初にやってきた客は、
日本かぶれの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)。
そんなトンミに「ガッチャマンの歌詞を教えて」と言われるが、出だししか思い出せなかった。

思い出せないもどかしさから、悶々としている時、
偶然、本屋でミドリ(片桐はいり)を見かけ、
思い切って、話しかけたのを切っ掛けに…。

と、物語が進んでいきます。


特に、お話自体に、大きな盛り上がりはないのですが、
心を「ほっこり、ゆったり、まったり」させてくれる
作品でした。(*^^*)



原作は、こちら↓。


posted by ころん at 16:57| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

間宮兄弟

 3/3(土)に、TSUTAYAで借りた
間宮兄弟、見ました。

http://www.mamiya-kyoudai.com/






原作は、こちら↓。




30歳を過ぎてもとっても仲の良い兄弟。
それだけを聞くと、
「ちょっと変なのでは?」と思ってしまうけど、
佐々木蔵之介さんと、塚地武雅さんの兄弟は、
お互いを思いやっていて、それがとても自然で、
映画を観終ったら、こころが「ほんわか」しました。

劇中、盛り上がる場所は、一度もないけど、
心を「ほんわか」したい時に、見たい作品でした。

そうそう、間宮兄弟のお母さん役が、
(私にとって?)意外な人でビックリしました。

続きを読む
posted by ころん at 15:16| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

ONE PIECE

【晴れ】

 昨日・3/3(土)から、劇場版ワンピース・
エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たちが

公開されました。

ワンピース砂漠の王女

http://www.onepiece-movie.com/


 2003年のONE PIECE ワンピース・
『THE MOVIE デッドエンドの冒険』から毎年、観に行き、
今年も観に行こうと思っていたら、
チケット(特別鑑賞券)を手に入れる事が出来ました。

070304ワンピース招待券

今回のお話は、アラバスタ編。
ルフィ達と、アラバスタ王国の王女ビビの友情の物語って事で、
TVシリーズのルフィ達と、ビビとの出会いから復習しています。

ですが、思っていたよりお話が多くて、焦っています。(^^;


ONE PIECE セカンドシーズン・グランドライン突入篇
piece.1(第62話)~ piece.5 (第77話)

ONE PIECE サードシーズン・チョッパー登場・冬島篇
piece.1(第78話)~ piece.5(第92話)

ONE PIECE フォースシーズン・アラバスタ・上陸篇
piece.1(第93話)~ piece.6(第110話)

ONE PIECE フォースシーズン・アラバスタ・激闘篇
piece.1(第111話)~ piece.7(第130話)



 映画を観に行く前に、これら↑を見終えたいけど、
どうかな~。
posted by ころん at 18:35| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

間宮兄弟、LOST シーズン1

 TSUTAYAで、前々から気になっていた
間宮兄弟と、LOST シーズン1の1を借りました。

見た感想は、後日、upします。




http://www.mamiya-kyoudai.com/



posted by ころん at 23:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

劇場版ワンピース

 2003年、新聞屋さんの懸賞で招待券を貰い、
(そんなにファンではなかったのですが)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』を
観に行きました。



http://www.toei.co.jp/onepiece/


それが切っ掛けになったのか?、
それから、毎年、この時期になると、
『ワンピース』を観に行くようになりました。




http://www.toei-anim.co.jp/movie/2004_onepiece/




http://www.toei-anim.co.jp/movie/2005_onepiece/index.html




http://www.toei-anim.co.jp/movie/2006_onepiece/index.html


 そして今年も来月、『ワンピース』の映画が公開されます。
今回のお話は、アラバスタ編
ルフィ達と、アラバスタ王国の王女ビビの友情を
深めた物語で、TVシリーズでみて、
とっても感動した章なので、この映画とっても観たいです!

そんな訳で、今年も新聞屋さんの懸賞にチャレンジしました。
招待券が当たったら、絶対!、観に行きます!!


劇場版ワンピース 
エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち


ワンピース砂漠の王女

http://www.onepiece-movie.com/

 2007年03月03日(土)公開!
posted by ころん at 00:05| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ブレイブ ストーリー

【晴れ】

 2/20(火)にTSUTAYAで借りたDVDは、
昨年、息子の夏休みに映画館に観に行った
宮部みゆき さん原作の『ブレイブ ストーリー』。

http://www.bravestory.net/







DVD、借りてきてから、息子と観て、
それ以外にも1人で、2回程、観ました。

観れば見るほど、物語に引き込まれ、
少年達が、現世界での大人の事情を切っ掛けに
異世界(ビジョン)へ夢を叶える為に冒険へ出て、
でも、その夢を叶える為に、
「どんな事でもやっても良いのか?」を 問いかけるように、
お話が展開され、 「生きる」事の難しさを
昨年の夏に観た時以上に、考えさせられました。

明日が、DVDの返却期日だったので、
今日、出掛けたついでに返却をしてしまったのですが、
手元に置いておきたい作品でした。

DVD、買っちゃおうかな~。( ̄~ ̄;)ウーン・・・


そして、原作の本。
こちらも残念ながら、私は読んではいません。
ですが、機会があったら、読んでみたいです。









posted by ころん at 18:05| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

エラゴン 遺志を継ぐ者

【晴れ】

 水曜日のレディスデイを利用して、親子3人で、
映画・『エラゴン 遺志を継ぐ者』を観てきました。

『農場に暮らす15歳の少年エラゴン
(エドワード・スペリーアス)は、
 ある日、森の中で光を放つ青い石を見つける。
 その石は、世界の命運を握るドラゴンの卵だった…』
と、物語が始まります。


原作は、これ↓。




映画の中に、ホビットやエルフが出てくるので、
全体的に『ロード・オブ・ザ・リング』みたいな雰囲気でした。

ですが、ドラゴンと人との繋がりがテーマ。

主人公エラゴンが拾った『青い石』は、ドラゴンの卵で、
やがて、孵化します。
生まれてきたドラゴンの眼差しは、とても優しく、
見ていて、とても癒されました。(*^^*)

物語序盤、今後の物語の伏線を引いているらしく、
ダラダラシタ感じを受けました。

ですが、後半になると、テンポ良く進み、面白く、
特にドラゴンに乗っての戦闘シーンは、迫力があり、
あっと言う間に、エンドロールでした。

でもまだまだ物語は、続きそうな感じ。
多分、まだまだお話は続くのだと思います。
後続の話を楽しみにしています。
posted by ころん at 23:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

『トンマッコルへようこそ』、見ました

【晴れ】

 このBlogで、何度か宣伝をした、
10/28(土)公開の韓国映画・『トンマッコルへようこそ』、
今日、やっと見てきました。(*^^*)

今、家の中がバタバタしていて、
一度は、「見に行けないな~」と諦めていたのですが、
懸賞で、映画鑑賞券 2枚が当たりました。

061104トンマッコイ.jpg

それで、チケットを無駄にしたくなかったので、
今日、なんとか都合をつけて、いつも息子と行く、
GENTO YOKOHAMA内の109シネマズMM横浜へ
息子が学校へ行っている間に、夫と2人だけで、
バス→電車→電車と、乗り継ぎ、
片道、約1時間を掛けて、映画を観に行ってきました。


<あらすじ>

トンマッコル、“子どものように純粋な村”の意味を持つ村。
そこでは、おおらかな心を持つ村人たちが、
のんびりと自給自足の生活を営んでいます。

そんなトンマッコルに、予期せぬ6人のお客さんがやって来ました。 
舞台は1950年代。朝鮮戦争の最中。
一人は、連合軍のアメリカ人パイロット(1人)で、
飛行機の故障で、空から。
森から韓国軍の兵士だと名乗る2人。
山を越えて、韓国軍と敵対する人民軍の3人。
始めは、敵対心むき出しの兵士達なんだけど、
村の人達と触れ合っていくうちに、
憎み合うことがバカバカしいと思いだし、
村の人たちと一緒に農業をしたりと楽しく過ごし、
次第に村から離れたくないって気持ちになっていく。
だけど、連合軍が行方不明のパイロットを探しに来て…。

って、お話で、音楽の担当は、
ジブリ作品「千と千尋の神隠し」や、「ハウルの動く城」の
音楽も担当している久石 譲さん。

この映画、大物俳優も テレビドラマ人気俳優も出ていないのに、
昨年、韓国で観客動員数が記録的だったそうです。


続きを読む
posted by ころん at 23:33| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

今日公開、韓国映画『トンマッコルへようこそ』




 今日・10/28(土)、
韓国映画・『トンマッコルへようこそ』が公開されました。

トンマッコル、“子どものように純粋な村”の意味を持つ村。
そこでは、おおらかな心を持つ村人たちが、
のんびりと自給自足の生活を営んでいます。


そんなトンマッコルに、予期せぬ6人のお客さんがやって来ました。 
舞台は1950年代。朝鮮戦争の最中。
一人は、連合軍のアメリカ人パイロット(1人)で、
飛行機の故障で、空から。
森から韓国軍の兵士だと名乗る2人。
山を越えて、韓国軍と敵対する人民軍の3人。
始めは、敵対心むき出しの兵士達なんだけど、
村の人達と触れ合っていくうちに、
憎み合うことがバカバカしいと思いだし、
村の人たちと一緒に農業をしたりと楽しく過ごし、
次第に村から離れたくないって気持ちになっていく。


だけど、連合軍が行方不明のパイロットを探しに来て…。

って、お話らしいです。


 音楽の担当は、
ジブリ作品「千と千尋の神隠し」や、「ハウルの動く城」の
音楽も担当している久石 譲さん。

公式HPから、映画紹介CMが見られるのですが、
涙がホロリと出てしまうような映像でした。

私は、韓流スターには全く興味が無いんだけど、
この映画は、「観てみたいな〜」と思いました。




 どうにか時間を作って、見に行くつもりです。

posted by ころん at 08:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

イルマーレ



【晴れ】

 今年8月に、息子と一緒に映画を見に行った時に、
見た、これから公開される映画の予告CMの中で、
映画『スピード(1994年作)』で、
共演したキアヌ・リーブスと、サンドラ・ブロックが、主演を務める
映画『イルマーレ』の紹介があった。

公式HP→ http://wwws.warnerbros.co.jp/thelakehouse/

「舞台はシカゴ。湖畔に建つガラス張りの家。
 2004年と2006年を結ぶ不思議な郵便ポストで文通を始めた男女が、
 実際には会えない互いへの恋心を募らせていく」ってお話らしい。

郵便ポストを通じて、2年前の人と文通をするなんて、
とっても不思議なお話だな〜と、思って観ていました。


 そしたら、この『イルマーレ』、
韓国映画・『イルマーレ』2001年作のリメイクって事に
最近、気付きました。

夫は、少し(随分?)前にTVで、観たらしいのですが、
私は、別の事をしていて、観ていませんでいた。

とっても不思議なお話だけに、話の展開が気になっているので、
今度、レンタルで探してみるつもりです。


posted by ころん at 22:41| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

アンブレイカブル



【晴れ】

 9/5(火)に観たDVD・『シックス・センス』と同じ
M・ナイト・シャマラン監督の作品、
『アンブレイカブル』(2000年の作品)を観ました。

『アンブレイカブル(UNBREAKABLE)』は、
超人的な生命力を与えられた者。


 131人もの犠牲者を生んだ悲劇的な列車事故において、
かすり傷一つ負わなかった主人公・デヴィッド(ブルース・ウィリス)。

デイビッドにつきまとうイライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)が、
ガラスのようにもろい体を持つ男。

アメコミのヒローには、「対になる存在がある」と独自の解釈をし、
デヴィッドは”強靭な肉体を持つ者”、
対するイライジャは、”ガラスのように脆い者”と
位置づけていくところは、面白かったです。

ですが、クライマックスにきての現実に引き戻されると言うか、
・・・かなりの衝撃を受けました。

でもよく考えれば、途中にいくつも伏線があったのに、
気付かなかったとは、やられました。orz




そうそう、『シックス・センス』、『アンブレイカブル』、
どちらもM・ナイト・シャマラン監督ご自身が、
作品に、台詞ありで、登場していました。

なかなか上手でしたよ!

posted by ころん at 23:46| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする