2008年01月02日

ルイスと未来泥棒

2008年1月2日(水)

【晴れ】

夫は今日から仕事。
ですが、息子はまだまだお正月休み中なの、
息子と私だけで、映画を観に行ってきました。

観た映画は、『ルイスと未来泥棒』。

080102ルイスと未来泥棒

http://www.disney.co.jp/movies/lewis/index.html


ロビンソン一家のゆかいな一日
原案は、ウィリアム・ジョイスの
絵本「ロビンソン一家のゆかいな一日」。



観に行った場所は、
ショッピングモール海老名・ビナウォーク内の映画館。
http://www.vinawalk.com/top.php


余談ですが、ここの中央公園には、
七重塔があります。

080102七重塔

天平13年(西暦741年)、
聖武天皇の詔(みことのり)によって
相模国分寺に建設された、
「七重の塔」の実物の1/3スケールの模型。とか…。



080102東宝
TOHOシネマズ
http://www.tohotheater.jp/index.html

今日は水曜日のレディースディ。
だから、混雑を予想し、
昨夜のうちに、ネットで購入していたったのですが、
思いの他、チケット売り場は空いていましたが、
会場に入ったら、満席でした。

私と息子が見た時間は、11:15~13:20。
SCREEN5 145+(2)席 スクリーンサイズ:4.0×9.4m 。

≪あらすじ≫

赤ん坊の時に、養護施設の玄関前に
置き去りにされたルイス

発明家を夢見る天才少年と育ち、
彼は一目母親に会いたいという一心で、
忘れてしまった記憶を呼び戻すマシーンの開発し、
科学フェアでの発表の当日、
未来からやって来たという少年ウィルバーが現れ、
思わぬ展開に…。



≪感想≫

 お話が、現代から未来へ、未来から現代へ
未来から現代へと、移動するお話なので、
小さな子供でも理解が出来るのかな?と、
思いながら観に行ったのですが、
割と分かり易い作りになっていていたので、
感情移入をして観られました。

未来の世界は、シャボン玉に乗っての空間移動とか、
透明なチューブの中を移動したりとか、
子供は勿論、大人でもワクワクする世界で
観ていて楽しかったです。

孤児院でのルームメイト・野球少年のマイケル、
とっても可愛いのですが、
その子が、意外な形で未来と繋がりがあって、
ビックリ!しました。

結末は、ほぼハッピーエンド。


 私が観に行った映画館は、2D映像でしたが、
映画館によっては、(特殊な眼鏡をかけて)
3D映像でも見られるそうです。



≪ネタバレ≫

養護施設の管理人ミルドレッドの声は、
演歌歌手の小林幸子さんでした。

とっても自然な感じで、とっても良かったです♪
posted by ころん at 23:20| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください