2007年08月10日

ディアルガ VS パルキア VS ダークライ

【晴れ】

7月14日(土)に公開した
「劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
『ディアルガ VS パルキア VS ダークライ』」を観て来ました。

http://www.pokemon-movie.jp/


観に行った場所は、
ショッピングモール海老名・ビナウォーク内の
http://www.vinawalk.com/top.php

TOHOシネマズ。
http://www.tohotheater.jp/index.html

私たちが見た時間は、10:45~12:30。
Screen 7 145+(2)席 スクリーンサイズ:4.0×9.4m。
映画館に着いたのが、10:20頃だったので、
前から2列目しか空いていませんでした。
だから、満席でした。

毎年、夏に上映されるポケモンの映画は、
いつも特別前売券に引換券が付いていて、
今年は、ダイヤモンド&パールソフトに
『デオキシス』(ポケモンキャラ)が貰えるものでした。

そして、我が家もそのポケモンの策略にはまり、
特別前売券を買った店で、
『デオキシス』データを貰いました。

そして今回の映画は、10周年って事で、
映画館の会場で、ワイヤレス通信を使って、
『ダークライ』のデータも貰えました。

それと、入場者プレゼントは、「ダークライ」のカード!で、
劇場でしかもらえない強力なカードだそうです。

070810ポケモン・ダークライ


ネタバレ・感想は、続きを読むをクリック!
映画

映像と音楽は、10周年って事もあって、
とっても良かったです。

ただストーリーが…、
何故、『ディアルガ』と『パルキア』が
壮絶なバトルをしているのかが、よく分からず、
そのバトルは、『オラシオン』て、曲のお陰で、
『ディアルガ』と『パルキア』が正気に戻り、
『ディアルガ』は自分だけさっさと帰り、
『パルキア』は、サトシに「馬鹿野郎!」って言われて
街を直したのですが…、
エンドロールをむかえても『ディアルガ』と『パルキア』は、
一体、何だったの?感は、残りました。

エンディングも何故?、英語?、外国人なの?

それと今回も声優さんを使わず、
女優さんがアテレコをしているキャラがいるのですが、
それが殆ど棒読みで…、
物語に感情移入が出来ませんでした。

サトシやピカチュウたちの活躍が少なく、
ロケット団と、サトシたちと絡みませんが殆ど無かったのも
つまらなく感じた要因かも。
posted by ころん at 23:42| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください