2018年06月09日

制動装置(ブレーキマスターシリンダー)の点検&修理をして貰った

5月31日、国土交通省に
リコール届出された
Honda・ステップワゴンの
制動装置(ブレーキマスターシリンダー)の
点検&修理をしてもらってきました。

ちなみにリコールの内容は、

【不具合の部位(部品名)】
制動装置(ブレーキマスターシリンダー)


【基準不適合状態にあると認める構造、
  装置又は性能の状況及びその原因】
ブレーキマスターシリンダーにおいて、
セカンダリーカップの材質と形状が不適切なため、
カップがリザーバータンクホースから
ブレーキ液中に溶け出した可塑剤により膨潤し、
また、走行中のエンジンからの熱影響により膨張すると、
変形することがあります。
そのため、シール性能が低下して、
ブレーキペダルをゆっくり踏むと
シール部からブレーキ液が漏れ、最悪の場合、
制動距離が長くなるおそれがあります。


【改善措置の内容】
ブレーキマスターシリンダーアッセンブリーを
対策品と交換します。


【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に
 周知させるための措置】
 ・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
 ・自動車分解整備事業者
  :日整連発行の機関誌に掲載します。
 ・改善実施済車には、
  運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近に
  №4274のステッカーを貼付します。

です。

部品の交換に加え、ブレーキオイルの交換もあり、
所要時間は1時間半~2時間程。


この車、新車で買って今年の9月で丸2年。
ハンズフリーが機能しなくてナビ一式交換、
エンジンが突然、掛からなくなって、
ECU(エンジンコントロールユニット)&
トランスミッションを交換
(出先ではなく、家の駐車場で良かった案件)と、
点検以外にそれぞれ部品交換をしていて
今回で3回目。

160930プレミアムパープル1.JPG


この車は、夫が新車で買った5台目だけど、
1回目の車検を待たずに、
こんなに不具合に遭遇したのは、初めてです。




人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。
 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

.





.
posted by ころん at 23:10| | 更新情報をチェックする