2006年10月01日

クララ白書



【雨】

 私が学生の頃、読んだ
作家・氷室さえ子さんの『クララ白書』が、
とあるサイトで、紹介されているのを見たら、
急にまた読みたくなりました。

ですが、度重なる引越しで、
本は何処かへ行ってしまったので、
図書館で、借りてきました。









クララ白書〈1〉









クララ白書〈2〉


<あらすじ>

父の転勤により、徳心学園の中等科3年で、
クララ舎(寄宿舎)へ入ることになった 桂木しのぶ(愛称:しーの)。

と、それぞれの事情で同じくクララ舎に入った
中等科3年・菊花、蒔子の3人は、
クララ舎の一員になるために、課題がだされたのだが、
それは、食糧庫破りをして、45人分のドーナツを
調理室で揚げることだった!?

って、お話。
1980年に出版されたお話ですが、
今、読んでも古さを感じる事無く、
最後まで、楽しく読めました。



ですが、昔、私が読んだ本の表紙は、
こっち↓。このイラスト、可愛かったのにな〜♪









クララ白書










クララ白書 ぱーと2 (2)

posted by ころん at 22:36| Comment(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください