2006年06月26日

副校長先生に相談



【晴れ】

 土曜日のK君のママに言われた事、
ず〜っと、心に突き刺さっていて、
その事を考えると、心臓がドキドキしてしまい、
頭の中が変になってしまいそうで、
これの状態が酷くなると、
パニック障害や、うつ病になってしまうんじゃないか?と、
思ってしまう程、追い込まれている気がします。

でもこんな状態が良いとは思えないので、
思い切って、小学校へ電話をして、
息子が巻き込まれている学校でのトラブルの事を
知っている副校長先生の所へ、
放課後、相談に行ってきました。

副校長先生、丁寧に話を聞いてくれ、
k君のママが「学校を通す話じゃなかった!」と
言ったのは、間違いで、「学校を通す話」、
「こんなにゴタゴタになったのは、担任の対応が悪かった」
と言ってくれました。

そして、K君ママとの直積的な接触は避け、
担任や、学校を通しての対話にしましょうと、
アドバイスをしてくれ、
この事は、副校長先生から担任に
話をしてくれるとも言って貰えました。

そして、「一緒に頑張りましょう」とも
言って貰えました。

そう言って貰えて、グレー一色だった心の中に
ほんのチョッピリ、光が差し込んだきました。


最近、NEWSでも嫌な事件が続いているから、
それを目にする度に、落ち込んでいたのですが、
息子の為、自分の為にも
こらから色々と頑張っていこうと思います!

posted by ころん at 20:59| Comment(0) | 息子のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください