2005年05月27日

鼻血



【晴れ】[E:sun]

 

 今日、学校から帰って来た息子の服を見たら、

Tシャツのあちこちがついているし、

少し長めの半ズボンの膝があたる部分は穴があいて、

膝小僧には擦り傷がありました。

 

だからすぐに「どうしたの?」と聞いてみたら、

「血は鼻血。穴は転んだら穴があいた!」と言うので、

転んで、鼻血が出たのかと思ったら、

別々の時間にやったとの事。

 

「先生が連絡帳に書いてくれた」と言うので、見てみると、

「中休みの間、息子が廊下を走って 1年生の子にぶつかり、

 鼻血を出したので、保健室で手当てして貰ったので、

 出血は止まったようです」と、書かれてありました。

 

そしてそれから30分くらい経ったら、担任の先生から電話もあり、

息子とぶつかった相手は、誰だか分からず、

怪我をした1年生が居ない事、

多分、誰かの頭と、息子の鼻がぶつかったのではないかと、

話してくれました。

 

それで先生が、怪我をさせた事をとても恐縮していたので、

「今は、血も止まってますし、ヘラヘラしています」と

息子の元気ぶりを話したら、

「それ(ヘラヘラぶり?)が困るんです…。」と、

言われてしまいました。[E:despair]

 

多分、学校でも息子は、先生の話を真面目に聞かず、

いつも先生をハラハラさせているから、

「それが困るんです」なんて、言葉が出たんだろうな〜。[E:sad]

 

息子は同級生の子に比べると、色々な面で”幼い”から

先生をハラハラさせているんだろうな〜。

どんな育て方をすれば、シッカリした子に育ったのかしら?

(‾_‾)ハァ〜

 
posted by ころん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック