2010年03月04日

電子ピアノ

2010年03月04日(木)

【曇りのち雨】

 午前中、珍しくBlog upをしたばかりなのに、
さらにもう1つ up!

 現在、小6の息子は、小1の5月から
週1回、通園していた幼稚園の一室で行われている
ピアノ教室へ通わせています。

息子は、お家大好き黒ハートなので、
少しでも外に出掛ける口実が出来ればと、
私の独断と偏見で始めさせました。

ですから、ピアノ教室の時間になると、
「「僕がやりたい!」と言って始めた訳ではない!」、
「ママが勝手に申し込んだ!!」と駄々をこねるので、
毎週、連れて行くのが大変だったのですが、
ピアノ教室が始まってしまえば
先生とのやりとりが楽しいらしく、
レッスン後は、笑顔で教室を後にしています。

ですが、家での練習は相変らず大嫌いで、
私が「練習はいつやるの?」と声をかけないとやらないし、
やたっとしてもほんの1~2回だけで、
息子はその考えを いまだ替える気がないようです。

そして今、4月の発表会へ向けて
練習を頑張らなくてはいけないのに、
私が黙って何も言わないでいたら、
前回のレッスン日から、次のレッスン日になっても
楽譜を開こうとしなかったので、
「行く前に練習をしていきなさい!」と怒ったら、
「言われてからやるのは嫌だ!」と言い出す始末。

「じゃぁ、どうしたら練習をするの?」と言ったら、
黙り込んでしまった…。

なので、
「こんなに練習をしないのなら、
 4月の発表会が終わったら、辞めなさい」と言ったら、
息子は「ピアノは続けたい」と言い出しました。

でもその後の練習も相変らずいい加減だから、
ピアノの先生に
「練習嫌いだから、4月の発表会で辞めさせたい」と
話をしたら、レッスン中、息子と話をしてくれたみたいで、
レッスン後、迎えに行くと、
「少しずつ弾ける様になって、面白くなってきたようです」
「息子さん、頑張ると言っているので続けさせてください」
「電子ピアノで良いので買ってあげてください」と
言われてしまいました。w( ̄▽ ̄;)w

息子がピアノを始める時、
「嫌々始めたから、長続きしないだろう」と、
電子ピアノより安く買えるキーボードを買い、
今、息子はそれで練習をしているのですが、
それではピアノとキータッチが違うので、嫌なんだそうです。


それで、帰宅してから、狭い我が家でも置けそうな
電子ピアノをインターネットで物色し、
これ↓が良いかな~と、思っているところ。

KORG (コルグ) LP-350

奥行きわずか27.7センチとスリムなのに、
鍵盤のタッチは、ピアノに近いそうです。


それで、楽天内を探したら、
本体( KORG/ LP-350 )ヘッドフォン付き、送料込で
価格55,555円(税込)、
それに、今なら数量限定で
純正イス (PC-3)3,500~5,000円相当を
プレゼントしてくれるお店を見つけたので、
夫と相談して、購入を決めようと思います。(^^)

オフプライス楽器

PC-03RD


【送料無料】電子ピアノKORGLP-350RD



blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!

ラベル:KORG コルグ LP-350
posted by ころん at 23:58| Comment(2) | 息子の習い物(ピアノ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練習は、みんな嫌いだよ♪
でも、そんなに嫌だと、続けるの難しくなるかもね(笑)
ピアノはいつでも辞められるので、
本人がやめると言うまでやらせてあげるのがいいんじゃないかな♪

うちはもう辞めてしまうの。
入学すると部活で忙しくなるし、本人の希望もあって。

そして、簡単な曲では問題ないんだけど、
難しい曲になればなるほど、うちもピアノに限りなく近いタッチと言う、
電子ピアノなんだけど
これでもタッチがやっぱり違うようです(^^ゞ
当たり前だよね…。
上手になると、だんだん物足りなくなってくるよ!
後悔している人も多いので(小さい頃はいいんだけどね)
よく旦那さんや子供と相談してみるといいと思います。
お店で本物見てくるといいよ♪

赤い電子ピアノなんてあるんだね!
すごい!
Posted by マキ at 2010年03月05日 08:56
◆マキさんへ

息子、ず~~と「辞めたい」と言っていたのに、
ここ最近、「続ける!」と言い出し、こんな事は初めてだからと、
夫と相談して、ピアノを買ってあげ、続けさせる事にしました。

赤いピアノ、珍しいですよね。
HPを見た限りでは、嫌な『赤』ではなかったので、これにしたかったのですが、
息子に「俺、女じゃないから!」と拒絶されちゃいました。(ρ_;)
Posted by ころん at 2010年03月06日 14:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください