2008年11月12日

もやしもん、大人買い(1巻~6巻)

2008年11月12日(水)

【曇りのち雨】

 昨年10月~12月、フジテレビの深夜枠で
放映されていたアニメ・『もやしもん』。

http://www.kamosuzo.tv/top.html

「菌アニメ」だけど、
「主人公は“菌”ではない」って事で、
どんなアニメなのか?興味津々でしたが、
見出すと、結構、嵌りました。

  


 その後、DVDを借りて見たりとしていたら、
原作の方も気になってしまったので、
『もやしもん』1巻~6巻を大人買いしちゃいました♪

  


  


  


  


  


  


【ストーリー】

主人公:沢木惣右衛門直保(さわき そうえもん ただやす)は、
空気中の菌が目に見えるという特殊な体質の持ち主。

もやし(種麹)屋の息子である彼は、
幼なじみで造り酒屋の息子・結城 蛍(ゆうき けい)とともに
農業大学進学のため東京にやってきた。

入学式当日、祖父からのメモに書かれていた
樹 慶蔵(いつき けいぞう)という人物に会いに行く二人。

祖父と古くからの知り合いという樹は、
菌について語りだすと止まらない、ちょっと奇異な老教授だった。

その後、樹研究室に出入りするようになった沢木は、
新たな「菌」と「発酵」の世界に触れながらも、
彼を取り巻く少し変わった人たちとの出会いによって、
様々な騒動に振り回されていく・・・。
posted by ころん at 18:36| Comment(0) | まんが、TVアニメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください