2013年10月08日

よろず占い処 陰陽屋

『よろず占い処 陰陽屋 』を読んでいます。

 主人公は、イケメン毒舌陰陽師・安倍祥明が店主の「陰陽屋」で、
 アルバイトをすることになった沢崎瞬太(1巻では中3、2巻から高校生)。
 
 沢崎瞬太は、赤ん坊の頃、王子稲荷で今の両親に拾われた子で、
 金色の目、キツネ耳と、キツネの尻尾を出す事が出きる妖狐(半妖)。

130927陰陽屋1

BOOK OFFで見付けて、面白うそうだな~と4巻まで購入。
今年5月に出た5巻は、未購入。



陰陽師や妖狐と面白そうな設定だなと思って読みだしたのですが、
祥明の陰陽師はインチキ臭いし、
妖狐の瞬太はヘッポコなので、アレレ…って感じ。

人生相談や探偵みたいなことを解決していく様子や、
瞬太を取り巻く友達関係が良くて、読んでいて楽しいです。


blogram投票ボタン
↑↑↑
「読みました♪」の合図にクリックをお願いします
押してくださると、ころんの元気がUPします!

posted by ころん at 23:00| Comment(0) | 書籍 | 更新情報をチェックする