2006年10月28日

今日公開、韓国映画『トンマッコルへようこそ』




 今日・10/28(土)、
韓国映画・『トンマッコルへようこそ』が公開されました。

トンマッコル、“子どものように純粋な村”の意味を持つ村。
そこでは、おおらかな心を持つ村人たちが、
のんびりと自給自足の生活を営んでいます。


そんなトンマッコルに、予期せぬ6人のお客さんがやって来ました。 
舞台は1950年代。朝鮮戦争の最中。
一人は、連合軍のアメリカ人パイロット(1人)で、
飛行機の故障で、空から。
森から韓国軍の兵士だと名乗る2人。
山を越えて、韓国軍と敵対する人民軍の3人。
始めは、敵対心むき出しの兵士達なんだけど、
村の人達と触れ合っていくうちに、
憎み合うことがバカバカしいと思いだし、
村の人たちと一緒に農業をしたりと楽しく過ごし、
次第に村から離れたくないって気持ちになっていく。


だけど、連合軍が行方不明のパイロットを探しに来て…。

って、お話らしいです。


 音楽の担当は、
ジブリ作品「千と千尋の神隠し」や、「ハウルの動く城」の
音楽も担当している久石 譲さん。

公式HPから、映画紹介CMが見られるのですが、
涙がホロリと出てしまうような映像でした。

私は、韓流スターには全く興味が無いんだけど、
この映画は、「観てみたいな〜」と思いました。




 どうにか時間を作って、見に行くつもりです。

posted by ころん at 08:00| Comment(0) | 映画(アニメ・洋画・邦画) | 更新情報をチェックする